スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次

用語解説
 ①AIM(エイム)って?
 ②DPI/CPIって?

オススメマウスランキング
 ①SteelSeries XAI
 ②Logicool G9x Laser Mouse
 ③SteelSeries Sensei
 ④Razer DeathAdder
 ⑤SteelSeries Kinzu Optical
 ⑥Zowie AM BLACK

 マクロについて

AIM練習ゲーム
 ①Shoot

このサイトについて
 ・このサイトはリンクフリーです。
 ・相互リンクや、管理人に意見要望ありましたらコメント帳までご連絡お願いします。
スポンサーサイト

SteelSeries XAI

SteelSeries XAI
xai_topshot.jpg

『スペック』
・重さ: 98 grams (0.22 lbs)
・高さ: 38,7 mm (1.5 in)
・横幅: 68,3 mm (2.7 in)
・縦幅: 125,5 mm (4.9 in)
・読取フレーム数: 毎秒12.000フレーム
・最大読取速度: 秒速150+インチ
・読取メガピクセル数: 毎秒10,8メガピクセル
・1インチあたりのカウント数: 最大5.001CPI
・最大加速: 30 G
・センサーデータパス: True 16 bit
・リフトディスタンス: 最小1mm
・最大レポートレート: 1.000 Hz
・ボタン数:8
・Windows 2000,XP,Vista,7


詳細を見る


長所としては
マクロ機能搭載
軌道補正搭載
・フィット感があり、『かぶせ持ち』『つまみ持ち』の人にはかなり使いやすい設計
・ほぼ全ての機能が高水準で万能
・設定をマウス内にインプット出来、PCが変わっても同じ設定で使える
左右対称のデザインで、左利きの方でも使いやすい
・クリックが非常に押しやすい、タップ撃ちに有利
・サイドボタンがちょうど親指の位置にあり、即座に押すことが出来る
ホイールも質が良く、使いやすい
・ラバー加工で長時間使ってもべたつかない

短所としては
・価格が高い
・サイズは普通、右側のサイドボタンが少し違和感があるかも


現在使用中です。持った感じはSteelSeries Kinzu Opticalよりも、一回り大きく、手が女性よりも小さい私には少し大きかったです。

それでもゲーミングマウスとしては小柄なほうなんですけどね(笑)

しかし、クリックは非常に軽くタップのしやすさはピカイチでした。

もちろんマクロや軌道補正も搭載されているので、FPSで必要な機能はすべて揃っており、
世界で活躍するトップクラスのプロゲーマーが使っていることでも有名です。

しかも、公式サイトからプロゲーマーのマクロ設定をマウスにインプットすることが出来ます。

また、かぶせ持ちの方には勿論ですが、つまみ持ちの方には特にオススメしたいマウスです。

更に、最近3千円近く値下げされ、かなりお求めやすくなりました。

かぶせ持ち、又はつまみ持ちのプレーヤーで、タップを中心でプレイする方や、癖がなく、高性能なマウスを使いたいという方におススメです。

購入しても後悔することはないと断言できます。


『個人的評価』
・デザイン ☆☆☆
・機能   ☆☆☆☆
・性能   ☆☆☆☆
・使い心地 ☆☆☆☆☆
・価格   ☆☆☆


amazon.png 『SteelSeries XAI』をアマゾンで検索


不正行為はやめましょう

マクロは非常に便利な機能ですが、ゲームによっては禁止されている事もあります。

ゲームのルールをしっかり守って、正々堂々とプレーしましょう。




大塚さんの声聞いただけで濡れるわぁw




Logicool G9x Laser Mouse

Logicool G9x Laser Mouse
logitech-g9x-laser-mouse__67850.jpg

『スペック』
・マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)mm :
  73×108×35 (ドライグリップ使用時) 
  82×108×37 (ワイドグリップ使用時)
・ケーブル長 cm : 195
・マウス重量 g (マウス本体+カートリッジ) :
  153 (ドライグリップ使用時。ウェイトカートリッジ含む)
  156 (ワイドグリップ使用時。ウェイトカートリッジ含む)
  3 (ウェイトカートリッジ(ウェイトは含まず))
・重量調整ウェイト : 7g x 4個 4g x 4個 
・最大追加重量 g : 28
・センサー能力 : センサー方式 不可視レーザー
解像度dpi : 200~5,700(可変式)
・イメージプロセス : 12.0 MegaPixel/秒
・最大加速 : 30G*
・最大スピード : 165インチ/秒*
USBレポートレート : 1000レポート/秒
・総ボタン数 (含む横スクロール) : 9
・スクロールホイール : Hyper fast スクローリング
・対応OS : Windows XP / Windows Vista / Windows 7
・接続I/F : USB

詳細を見る


長所としては
マクロ機能が豊富
・軌道補正を掛けられ、HSラインをなぞるようにAIMすることが出来る
・カバー2種類とカバーを外した状態の3種類を選択できる
・プロファイル設定保存メモリを搭載しており、マクロ機能などをマウスに記録できる
・非常に解像度が高く、正確なAIMが出来る
・重りを自由に取り外しでき、好きな重量でプレイできる
・ホイールのノッチを自由に変更可能
・頑丈で耐久性がある

短所としては
・少し高め
・ワイヤーケーブルが少し固め


このマウスは4年ほどFPSで使っていますが、全く壊れる気配がありません

カバーと重りが自由に変えられるので、手の小さい方女性でも問題なし。

Logicoolのマウスは本格的なFPSプレーヤーには敬遠されがちですが、G9xはFPSに最適なマウスだと思います。

何より軌道補正がかかるので、頭のラインに置いておけば簡単にHSを量産できます。

またマクロ機能も搭載しており、クリックのタイミングなどを自由にマクロ化出来ます。(マクロ機能は遊ぶゲームのルールに従って使用しましょう)

やはり高級なマウスなだけあり、ほぼ全ての機能が高水準で、間違いなくAIM力が上がります

またデザインもメカニカルで非常にカッコイイですね。

本気でFPSをプレイしようという方、沢山の機能で、かゆいところに手が届くマウスが欲しいという方におススメです。

高級ですが最近値段が下がってきたので、今購入を考えてもいいかもしれませんね。


『個人的評価』
・デザイン ☆☆☆☆
・機能   ☆☆☆☆☆
・性能   ☆☆☆☆☆
・使い心地 ☆☆☆☆
・価格   ☆☆

amazon.png 『Logicool G9x Laser Mouse』をアマゾンで検索 

Zowie AM BLACK

ZOWIE AM BLACK
001.jpg

『スペック』
•基本仕様:光学センサー(Avago Technologies「ADNS-3090」)搭載ワイヤードタイプ
•ボタン:7個
•トラッキング解像度:450/1150/2300DPI(※ハードウェア切り替え式)
•レポートレート:125/500/1000Hz(※ハードウェア切り替え式)
•リフトオフディスタンス:1.5~1.8mm
本体サイズ:60(W)×125(D)×39(H)mm
重量:88g(ケーブル含まず)
•ケーブル長:約2m
•対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000

詳細を見る


長所としては
・左右対称設計で、両手に対応・利き手・ポーリングレート・DPIの三つの設定をマウス側で設定
小さめのマウスなので手の小さい方や女性でも使いやすい
・コンパクトに高水準でまとまっており、スマート

短所としては
・ホイールのノッチの感触が緩い、さらに抵抗がある
マクロ等の機能が無い
・価格が高め

「Counter-Strike 1.6」の元プロゲーマー
Abdisamad“SpawN”Mohamed氏との共同開発で作られたゲーミングマウスです。

実際に握ってみると、マウスが小さめでコンパクトなので、手の小さい私には非常に持ちやすかったです。

ただ、値段の割にマクロ機能などが無く、ホイールも回転させる際に妙な抵抗がある為、ホイールで武器チェンジをする方は使いづらいかも知れません。

しかし他の機能は高水準で纏まっており、スマートで無駄のない設計なので

無駄な機能などいらぬ!って方や女性ユーザーにおススメします。

コンパクトにまとめられた、かわいらしいマウスなのも特徴的ですね。


『個人的評価』
・デザイン ☆☆☆☆
・機能   
・性能   ☆☆☆
・使い心地 ☆☆☆☆
・価格   ☆☆☆

amazon.png 『ZOWIE AM BLACK 』をアマゾンで検索

| NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。