スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SteelSeries XAI

SteelSeries XAI
xai_topshot.jpg

『スペック』
・重さ: 98 grams (0.22 lbs)
・高さ: 38,7 mm (1.5 in)
・横幅: 68,3 mm (2.7 in)
・縦幅: 125,5 mm (4.9 in)
・読取フレーム数: 毎秒12.000フレーム
・最大読取速度: 秒速150+インチ
・読取メガピクセル数: 毎秒10,8メガピクセル
・1インチあたりのカウント数: 最大5.001CPI
・最大加速: 30 G
・センサーデータパス: True 16 bit
・リフトディスタンス: 最小1mm
・最大レポートレート: 1.000 Hz
・ボタン数:8
・Windows 2000,XP,Vista,7


詳細を見る


長所としては
マクロ機能搭載
軌道補正搭載
・フィット感があり、『かぶせ持ち』『つまみ持ち』の人にはかなり使いやすい設計
・ほぼ全ての機能が高水準で万能
・設定をマウス内にインプット出来、PCが変わっても同じ設定で使える
左右対称のデザインで、左利きの方でも使いやすい
・クリックが非常に押しやすい、タップ撃ちに有利
・サイドボタンがちょうど親指の位置にあり、即座に押すことが出来る
ホイールも質が良く、使いやすい
・ラバー加工で長時間使ってもべたつかない

短所としては
・価格が高い
・サイズは普通、右側のサイドボタンが少し違和感があるかも


現在使用中です。持った感じはSteelSeries Kinzu Opticalよりも、一回り大きく、手が女性よりも小さい私には少し大きかったです。

それでもゲーミングマウスとしては小柄なほうなんですけどね(笑)

しかし、クリックは非常に軽くタップのしやすさはピカイチでした。

もちろんマクロや軌道補正も搭載されているので、FPSで必要な機能はすべて揃っており、
世界で活躍するトップクラスのプロゲーマーが使っていることでも有名です。

しかも、公式サイトからプロゲーマーのマクロ設定をマウスにインプットすることが出来ます。

また、かぶせ持ちの方には勿論ですが、つまみ持ちの方には特にオススメしたいマウスです。

更に、最近3千円近く値下げされ、かなりお求めやすくなりました。

かぶせ持ち、又はつまみ持ちのプレーヤーで、タップを中心でプレイする方や、癖がなく、高性能なマウスを使いたいという方におススメです。

購入しても後悔することはないと断言できます。


『個人的評価』
・デザイン ☆☆☆
・機能   ☆☆☆☆
・性能   ☆☆☆☆
・使い心地 ☆☆☆☆☆
・価格   ☆☆☆


amazon.png 『SteelSeries XAI』をアマゾンで検索


スポンサーサイト

SteelSeries Kinzu Optical

SteelSeries Kinzu Optical
color_kinzu_black.png

『スペック』
•秒間フレーム数:9,375 FPS
•秒間インチ数: 75 IPS
•秒間メガピクセル: 3.75メガピクセル
•1インチあたりのカウント数: 400 - 3200CPI
•アクセラレーション: 20 G
•ボタン数: 4
•ポーリングレート: 最大1000 Hz
•リフトディスタンス: ~2.0mm
•ドライバレス、プラグアンドプレイ対応
•ビルトインメモリー、3つのプロファイルを格納可能
•サイズ: 117 x 64 x 36 mm
対応OS: Win XP / Vista

details5_3.gif


長所としては
・安い!コストパフォーマンスが抜群
・マウスが軽く、クリックも軽い、よって疲れにくい
・マウスの表面がラバー素材になっており、汗でベタベタしない
・サイズが小さく、手の小さな方でも扱いやすい
・安価だが、最低限の機能を備えている

短所としては
・初期のソールが滑りにくい(布系のマウスパッドとの相性×)
・微妙な加速
・サイドボタンが無い
直線補正がかからない
使う人を選ぶマウスとして有名


FPSプロゲーマーとの共同開発で生み出された、
比較的安価でコストパフォーマンスが抜群なマウスです。

店頭で使ってみたところ、手が女性よりも小さな私にはとても握りやすいマウスでした。

ただ、初期のソール(マウスとマウスパッドとの接地面の部分)があまり良いものではないようです。

しかし、専用ソール(別売り)を取り付けることによって解消されるようです。

マウス本体やクリックも軽くストレス無く扱えるマウスですが、やはり高価な他のマウスと比べると劣る部分があるので、

FPSの初心者から中級者を目指す方や、とりあえずゲーミングマウスを試してみたいという方にもオススメです。

やはり安いのがなにより魅力的ですね。


『個人的評価』
・デザイン ☆☆☆
・機能   ☆☆
・性能   ☆☆
・使い心地 ☆☆
・価格   ☆☆☆☆☆


amazon.png 『SteelSeries Kinzu Optical』をアマゾンで検索

SteelSeries Sensei

SteelSeries Sensei
steelseries_bottom-top_purple.jpg

『スペック』
•読取フレーム数: 毎秒12,000フレーム
•最大読取速度: 秒速150インチ
•読取メガピクセル数: 毎秒10,8メガピクセル
•1インチあたりのカウント数: 1~5,001CPI、5701~11,400CPI(ダブルCPIモード)
•最大加速: 30 G
•センサーデータパス: True 16 bit
•リフトディスタンス: 最小1mm
•最大レポートレート: 1,000 Hz
•ボタン数: 8
•本体重量: 102g
•サイズ: 縦68.3mm ×横125.5mm×高さ38.7mm

details5_3.gif


長所としては、
・メタルコーティングにより、手汗が気にならない
軌道補正をかけることが出来、マウスを補助してくれる
頭の高さを維持しながらマウスを移動する等)
マクロをマウス本体に記録することが出来、
 キーストロークやタイミングをマクロ化することができる
(プレイするゲームのルールに従って使用してください)
・CPIが1刻みで設定出来、自分に合ったセンシを見つけることが出来る

短所としては、
・かなりお高い
・クリックが固く、疲れやすい
・ケーブルが布、さらに固く耐久性に優れていない
・右のサイドボタンが干渉することも


これも実際に使ってみました

まず左右対称のデザインな為、薬指と小指が気になりました。

しかし、後は耐久性が気になった程度で、自分に合った設定を組み込むことが出来る為、

自分の手足のように動かすことが出来ます。

さすがはお高いだけありますねw

軌道補正がかかる為、HS(ヘッドショット)が出る出る!

勿論全ての機能が他のマウスと比べてもハイスペックなので、
お金に余裕のある方本気でFPSをプレイする方におススメです。

※ただしマクロ機能はゲームのルールに従って使用することにしましょう。

『個人的評価』
・デザイン ☆☆☆
・機能   ☆☆☆☆☆
・性能   ☆☆☆☆☆
・使い心地 ☆☆☆
・価格   

amazon.png 『SteelSeries Sensei』をアマゾンで検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。