スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logicool G9x Laser Mouse

Logicool G9x Laser Mouse
logitech-g9x-laser-mouse__67850.jpg

『スペック』
・マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)mm :
  73×108×35 (ドライグリップ使用時) 
  82×108×37 (ワイドグリップ使用時)
・ケーブル長 cm : 195
・マウス重量 g (マウス本体+カートリッジ) :
  153 (ドライグリップ使用時。ウェイトカートリッジ含む)
  156 (ワイドグリップ使用時。ウェイトカートリッジ含む)
  3 (ウェイトカートリッジ(ウェイトは含まず))
・重量調整ウェイト : 7g x 4個 4g x 4個 
・最大追加重量 g : 28
・センサー能力 : センサー方式 不可視レーザー
解像度dpi : 200~5,700(可変式)
・イメージプロセス : 12.0 MegaPixel/秒
・最大加速 : 30G*
・最大スピード : 165インチ/秒*
USBレポートレート : 1000レポート/秒
・総ボタン数 (含む横スクロール) : 9
・スクロールホイール : Hyper fast スクローリング
・対応OS : Windows XP / Windows Vista / Windows 7
・接続I/F : USB

詳細を見る


長所としては
マクロ機能が豊富
・軌道補正を掛けられ、HSラインをなぞるようにAIMすることが出来る
・カバー2種類とカバーを外した状態の3種類を選択できる
・プロファイル設定保存メモリを搭載しており、マクロ機能などをマウスに記録できる
・非常に解像度が高く、正確なAIMが出来る
・重りを自由に取り外しでき、好きな重量でプレイできる
・ホイールのノッチを自由に変更可能
・頑丈で耐久性がある

短所としては
・少し高め
・ワイヤーケーブルが少し固め


このマウスは4年ほどFPSで使っていますが、全く壊れる気配がありません

カバーと重りが自由に変えられるので、手の小さい方女性でも問題なし。

Logicoolのマウスは本格的なFPSプレーヤーには敬遠されがちですが、G9xはFPSに最適なマウスだと思います。

何より軌道補正がかかるので、頭のラインに置いておけば簡単にHSを量産できます。

またマクロ機能も搭載しており、クリックのタイミングなどを自由にマクロ化出来ます。(マクロ機能は遊ぶゲームのルールに従って使用しましょう)

やはり高級なマウスなだけあり、ほぼ全ての機能が高水準で、間違いなくAIM力が上がります

またデザインもメカニカルで非常にカッコイイですね。

本気でFPSをプレイしようという方、沢山の機能で、かゆいところに手が届くマウスが欲しいという方におススメです。

高級ですが最近値段が下がってきたので、今購入を考えてもいいかもしれませんね。


『個人的評価』
・デザイン ☆☆☆☆
・機能   ☆☆☆☆☆
・性能   ☆☆☆☆☆
・使い心地 ☆☆☆☆
・価格   ☆☆

amazon.png 『Logicool G9x Laser Mouse』をアマゾンで検索 

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。